読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

good food,good life ~札幌の野菜教室~

札幌市を中心に野菜教室を実施しています。 近郊へも出張しております。




【終了】2017年2月5日(日)、冷蔵庫収納講座とサルベージ・パーティ®を実施します

***

ありがたいことに、ただいま満席です!

キャンセル待ちをお受け付けしています。

2月10日と3月18日のサルベージ・パーティは、残席まだあります。

***

 

賞味期限切れの食材、買ったままの食材、冷蔵庫に押し込まれていませんか?
あなたの「収納グセ」に合わせた整理収納術を学んで、食材をムダなく使いましょう。

どうしても使い切れない食材は、レッツ「サルベージ・パーティ® 」
サルベージ・パーティ®とは、家でもてあましている食材をみんなで持ち寄って、
その場でメニューを考えて料理するシェア・パーティーです。

Salvage Party


おいしくて、おしゃれで、新しい食材の使い道をみんなでシェアしましょう。
当日はプロのシェフも参加予定!プロの技を間近で見られるチャンスです。

f:id:harchel:20161222141102p:plain

f:id:harchel:20161222141127p:plain

 

 

イベント詳細



●日時:2017年2月5日(日) 13:15開場/13:30開始16:45終了予定

●場所:エルプラザ4階 料理実習室 (札幌市北区北8条西3丁目)

●定員:先着20名様

●参加費:3,300円
【お友達割引】複数名で一緒にお申込み・ご参加いただくと、おひとり様3,000円となります!
参加費の一部をTABLE FOR TWOに寄付します。
寄付金は開発途上国の子どもの学校給食になります。

●持ち物:エプロン・タオル・筆記用具・もてあましている食材1~3品*

*ただし以下のものは除きます
賞味期限・消費期限の切れているもの/正しい保存方法で保存されていないもの/
乾燥豆など下ごしらえに時間のかかるもの


●お申込み・お問い合わせ:和田宛
goodfood.goodlife.0831@gmail.com
090‐1542‐5432   
お申込み時に、「お名前・電話番号・メールアドレス」をお知らせください。


●申込期限:2月3日(金)
期限後のキャンセルは、キャンセル料がかかります。


●スケジュール:
高橋道子さんの冷蔵庫収納講座(約1時間)

高橋 道子さん
野菜ソムリエ・ライフオーガナイザー1級・アスリートフードマイスター1級 
全国で冷蔵庫収納講座やおいしい冷凍野菜の活用術講座などを実施し、
多方面で活躍されています。

BLOG→ 野菜ソムリエみっちゃんのライフオーガナイズ生活

 

サルベージ・パーティ®(約1時間半)

【サルベージ・パーティの進め方】
①食材情報シェア
まずは持ち寄った食材を「なぜもてあましているのか」シェア。

②シェフのデモンストレーション
持ち寄られた食材からシェフがレシピを考え、即興で作ります。

③みんなで作ってみよう!
その様子を見たら、参加者が数班に分かれて、同じように即興で作ってみましょう!
ちょっと失敗しちゃってもOK。
楽しく食べきることこそパーティの目的です

せっかくだから、いつもやってみないことにチャレンジしましょう。
食材の思ってもみない使い方があるかも!?

f:id:harchel:20161222141538p:plain


④いただきます!
みんなで、作った料理を試食

⑤感想のシェア

⑥みんなで片付けて、終了!



●お子様連れについて
大変申し訳ありませんが、今回託児がついていません。
調理を伴いますので安全第一です。
手と目が離せないお子様連れは、ご遠慮ください。
ご希望が多ければ、次回以降託児付にできるよう尽力させていただきます。

 

 

このイベントの意図と想い

 

この楽しそうなパーティのめざすところは、実は「フードロスの削減」

 

世界の約70億人のうち、約10億人が飢餓や栄養失調の問題で苦しむ一方で、
20億人近くが食べ過ぎが原因で肥満状態にあります。

 

そして日本では年間約2,801万トンもの食品が廃棄され、まだ食べられるのに捨てられているものは年間642万トン、
そのうち家庭で捨てられるものは年間312万トンという現状があります。

 

私たちが捨てる、まだ食べられる食品。
それをそのまま、世界のどこかで飢えている人に届けることなどできません。
そして食品廃棄量312万トンという莫大な数字を目の前にして、
それを「自分ゴト」としてとらえることも正直難しい。

 

けれど、私たちが「捨てる」をやめて「食べる」に変えることは、
少なくともそんな、世界のアンバランスで理不尽な状況を改善することにつながるに違いありません。


そんな思いがあり、講師料や場所代などの諸経費を引いた売り上げは全て、
TABLE FOR TWO」に寄付します。

TABLE FOR TWO公式サイト-一食がアフリカへ寄付されるしくみ TABLE FOR TWO活動内容

この活動は、例えばランチに「TABLE FOR TWO」に賛同している食堂で食事をすると、

食事代のうち20円が開発途上国に寄付されます。

20円というのは開発途上国の学校給食1食分。

自分がランチを食べると、世界のどこかで誰かが一緒にランチを食べられる、というしくみです。

 

500円寄付できると、ひとりの子供が1ヶ月間給食にありつけます。

満席になると、今のところ20000円寄付できそうなので、40人の子供が1ヶ月間給食を食べられることになります。

 

 

 

ひとりでは、日々の生活のなかでは、世界をとりまく問題に立ち向かうことはなかなかできません。
けれどこうしたイベントの参加するだけで、あなたはもう問題解決のための一歩を踏み出しています。 

 

 

 

てなわけで、たくさんの方にご参加いただきたいと思っています!
お申込み、お待ちしております。

***************

ブログランキングに参加しています。

「いいね!」の代わりに画像をクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 健康ブログへ